【展示室】Lessonアロマキャンドルでリラックス

~ドイツのクリスマスのお話とともに~

クリスマスのお菓子やホットワインにも使われるスパイスは風邪予防やリラックス効果があるとされています。なかでも人気の高いオレンジ、シナモン、クローブのアロマキャンドルを作ります。
クリスマスにキャンドルの灯りと、アロマの香りでリラックス。
ドイツ在住経験からクリスマスのお話や、カリグラフィーの道具に触れる時間もあります。
記憶に残る素敵なひとときになりますように…


日   時: 2019年12月15日(日)
午前の部 10:30~12:30
午後の部 14:30~16:30
レッスン料:3,800円
ハーブティー・&Anneのお菓子付
講師: 吉田美穂子
定員: 各部8名
*当日キャンセルは全額ご負担となりますのでご了承下さい。

………………… column ……………………

〇ドイツのクリスマスはいつから?
11月初旬にst.マルチン祭があります。馬に乗った赤いマントの聖人の後ろを子供たちが歌いながら歩き、ランタンにお菓子を入れてもらいます。そのあと一気に街はクリスマスムードになります。
〇クリスマスマーケットって?
街の広場にソーセージ、ホットワイン、おもちゃ、工芸品などのマーケット小屋が立ち並び、メリーゴーランドやスケートリンクなどが設置されます。大人も子どもも楽しめる夢の世界です。
〇おうちではどんな感じ?
アドヴェント(4週間の準備期間)には家じゅうを飾り付けて、日曜日ごとに卓上リースの4本のろうそくに火を灯していきます。クリスマスカードやプレゼントの準備もし、楽しい忙しさの中で過ごします。


出典 German Christmas Market 2019

お申し込みは電話0749-22-5288または下記フォームで受け付けています。午前の部・午後の部いずれかを入力してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先電話番号 (必須)

ご希望のワークショップタイトルと時間をご記入ください

メッセージ本文

【展示室】佐藤初女写真展

森のイスキアへ
食はいのち。
多くの人に寄り添いつづけた祈りのこころ。
静かであたたかで強い初女さんに会いに来てください。

会期:2019年11月1日(金)-24日(日) 水・木曜定休

【連動企画】
佐藤初女さんのおむすびワークショップ&
写真家オザキマサキさんのアーティストトーク。

奇跡のおむすびと言われた佐藤初女さんから教わった、おむすびのワークショップと
晩年の初女さんを撮影したオザキマサキさんのアーティストトークを開催します。

日時:
11月16日(土)
午前の部10:30-13:00 あと3名様ご予約いただけます
午後の部14:00-16:30
参加費:2,000円税込 おむすび・お味噌汁・お漬物・お茶
講師:岩田康子氏(ブルーベリーフィールズ紀伊國屋)
定員:各部20名
会場:&Anne 2nd(受付/&Anne書店)
駐車場:菓心おおすが隣接駐車場をご利用下さい。
持ち物:エプロン・手拭き用ふきん

お申し込みは電話0749-22-5288または下記フォームで受け付けています。
*午前の部・午後の部のいずれかを入力してください。
*2日前からキャンセルは全額ご負担となりますのでご了承下さい。
*メール返信で予約完了とさせていただきます。
メールが届かない場合はお手数ですが電話をいただきますようお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先電話番号 (必須)

ご希望のワークショップタイトルと時間をご記入ください

メッセージ本文

佐藤初女さんプロフィール
小学校教員を経て染色工房を主宰、奉仕活動を母体に1992年「森のイスキア」を開く。助けを求めるすべての人を無条件に受け入れ食事と生活をともにし、日本のマザーテレサと呼ばれる。没年2016年、享年94歳。
オザキマサキさんプロフィール
写真家、滋賀県高島市在住。2013年に初女さんの滋賀講演を撮影したことで出会い、2014-2015年青森で初女さんを撮影した写真集を上梓。初女さんを知ってもらう場をつくりたいと写真展で全国を巡回中。

【展示室】暮らしのリズムを刻む掛け時計のデザイン

3本の針が、日々の暮らしの静かな時の流れを刻みます。
そんな風景をデザインしました。ー8月18日(日)
(滋賀県立大学生活デザイン学科3回生デザイン演習課題)