【展示室】平井かずみ「クリスマス スワッグ」

スワッグとはドイツ語で壁飾りの総称のこと。
古来、クリスマスには神と魔物の両方が地上に降りてくると
信じられていたそうです。
そして聖なる木、オークが魔除けとして束ねられて戸口に
飾られたのがスワッグの始まりと言われています。
もともとは常緑樹や木の枝を束ねただけの素朴な魔除け飾り。
これから迎えるクリスマスシーズンに向けてスワッグを作りましょう。

日時:2018年
12月14日(金) 午後の部14:00-あと3名
12月15日(土) 午前の部10:00-満席になりました。キャンセル待ちを受け付けます。
12月15日(土) 午後の部14:00-満席になりました。キャンセル待ちを受け付けます。
どの部も同じ内容
レッスン料: 8,000円 お茶とお菓子付
持ち物: 花ばさみ
講師: 平井かずみ
profile/フラワースタイリスト。ikanika主宰。暮らしの中に季節の花をしつらえる
‟日常花”を提案。東京・自由が丘の「caféイカニカ」を拠点に花の会やリース教室を開催。
雑誌や広告、イベントでのスタイリングや、ラジオ番組でコーナーを担当するなど
多方面で幅広く活躍中。著書は新刊「花と料理おいしい、いとしい、365日」
リトルモアをはじめ「花としつらい、暮しの景色」天然生活ブックス、
「ブーケとリース」主婦と友社、他多数。

お申し込みは電話0749-22-5288で受け付け致します。
当日キャンセルは全額ご負担となります。ご了承下さい。